<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > Contents > 特産物レコメンド  > 福島県ブランド第1号日本酒を認証
福島県ブランド第1号日本酒を認証
2009年 5月 21日16:01 / 提供:

平成19年3月9日

福島県は、県ブランド認証制度の第1号ブランド認証産品として、日本酒7銘柄(7蔵元)を認証しました。

県民はもとより、全国の皆様に御愛飲いただきますよう願っております。

1 ブランド認証概要

認証された日本酒は、酒米の生産履歴、水の成分検査、県産米の100%使用など、厳しい申請要件をクリアし、第一次審査では、一般公募で選ばれた一般消費者、飲食業関係者、酒類販売関係者の審査員によって、「香り」、「味覚」などの官能審査と、ネーミング(ラベルパッケージ)、価格、コンセプトなどの外観(市場性)審査を行い、福島県ブランド認証制度委員会による厳正なる最終審査の結果、日本酒7銘柄を決定しました。

福島県は、昨年の全国新酒鑑評会で金賞受賞数日本一を誇る酒どころであり、そうした高いレベルの中から選ばれたこれらの日本酒は、福島県が全国、世界に誇る品質の高い日本酒であると確信しております。

2 ブランド認証産品

○日本酒(平成19年3月9日認証)

 

 大吟醸酒

  1.一生青春(いっしょうせいしゅん) 大吟醸(だいぎんじょう)

1.jpg

山田錦を40%精米、無濾過1回瓶火入れ方式のビンテージ。香りも華やかで味わい深く飲み飽きしない最高の酒。 

曙酒造合資会社 TEL:0242-83-2065

福島県河沼郡会津坂下町字戌亥乙2番地

HP:http://tenmei.co.jp/ 

E-Mail:ake-bono@nifty.com

  2.大七(だいしち) 箕輪門(みのわもん)

2.jpg

全国初の超扁平精米による生もと純米大吟醸。雑味の元を徹底除去した独自の精米技術が、驚くほどなめらかで優雅な上質の美味しさを醸し出す。日本酒サービス研究会主催のコンテストで、2年連続清酒部門第一位。海外にも輸出されており、米国では、米国内のコンテストで金賞を始め、高い評価を確立している。

大七酒造株式会社 TEL:0243-23-0007

福島県二本松市竹田1番66号

HP:http://www.daishichi.co.jp/

E-Mail:info@daishichi.com

  3.玄宰(げんさい)

sake3.jpg

全国新酒鑑評会金賞受賞12回、受賞歴NO1。高貴さといえる香りが立ち上がり、重厚で迫力のある味わいが口中を満たします。その余韻は気品を漂わせる後味が糸を引くようにいつまでも印象として残ります。

末廣酒造株式会社 TEL:0242-54-7788

福島県会津若松市日新町12番38号

HP:http://www.sake-suehiro.jp/

E-Mail:info@sake-suehiro.jp

 吟醸酒

  4.吟醸(ぎんじょう) 真実(しんじつ)

sake4.jpg

さわやかな吟醸香と、まろやかな口当たりが特徴。

豊国酒造合資会社 TEL:0242-83-2521

福島県河沼郡会津坂下町字市中一番甲3554番地

HP:http://homepage3.nifty.com/sadaya/index.htm

E-Mail:jcf12072@nifty.com

  5.穏(おだやか) 特別純米(とくべつじゅんまい)

sake5.jpg

代々の蔵元がその名を受け継いでいる一文字「穏」をネーミングに用いたおだやかシリーズの中核。福島県内において無農薬?減化学肥料で栽培した酒米「美山錦」を全量使用。みずみずしくなめらかな味わいでどんな料理とも相性が良い、バランスのとれたやや辛口のお酒。

有限会社仁井田本家 TEL:024-955-2222

福島県郡山市田村町金沢字高屋敷139番地

HP:http://www.kinpou.co.jp/

E-Mail:info@kinpou.co.jp

 純米酒

  6.純米酒(じゅんまいしゅ) 夢心(ゆめごころ)

sake6.jpg

冷やしても良し、ぬる燗でもおいしく飲めるので食中酒としては最適である。ぬる燗にすると少々酸味と隠れていた香りがほのかに出てきて、また別な味わいが楽しめます。

夢心酒造株式会社 TEL: 0241-22-1266

福島県喜多方市字北町2932番地

HP: http://www.yumegokoro.com/

E-Mail:info@yumegokoro.com

  7.奥の松(おくのまつ) 木桶仕込(きおけじこみ) 純米酒(じゅんまいしゅ)

sake7.jpg

木桶仕込みとは、発酵自体を木製の桶で行うこと。そのため、温度管理や桶の洗浄など大変手間のかかる仕込み方法。通常のホーローやステンレスのタンクと違い、通気性や保温性があるのが特徴。奥の松の木桶仕込みは、木桶の特徴を生かした、伝統的ながら現代の新しい酒造りをめざしています。 

奥の松酒造株式会社 TEL:0243-22-2153

福島県二本松市長命69番地

HP:http://www.okunomatsu.co.jp/

E-Mail:info@okunomatsu.co.jp

 

ヘユ゚イハニア