<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > Contents > 特産物レコメンド  > 「長崎の夏」の魅力はどこにある?
「長崎の夏」の魅力はどこにある?
2014年 5月 30日16:56 / 提供:
長崎県五島市玉之浦町玉之浦

 上海東方ネットが入手した資料によると、日本長崎県政府がこのところ、「太陽と緑に囲まれる景勝地」をテーマに「長崎の夏」の魅力をアピールした。長崎は日本九州の西端に位置している。上海からたった約800キロしかなく、直行便なら90分程度で着く。そのため、「中国大陸に最も近い日本」と呼ばれている。まさにこの距離的強みにより、近年、長崎を観光地として選ぶ中国人の数が着実に上昇している。

 そのため、長崎県政府も中国人観光客を対象に様々な優遇策を提供している。例えば、長崎に研修、考察などで訪れる中国企業や団体に対し、一部旅費の補助金を提供している。また、長崎各地の観光スポットには中国語の紹介資料が完備しており、更に一部の観光スポットには中国語が話せるガイドサービスも用意されている。

大村越夏?(大村市 ).jpg

 長崎といえば、知っている人はおそらく「カステラ」、「長崎ランタンフェスティバル」や「中華街」などのことを思い浮かべるだろう。しかし、今日ここで紹介したいのは「長崎の夏」。海に面している長崎は、夏季が自然と観光シーズンになる。

流

 まず、海に囲まれる長崎の島の数は日本一で、計971の島を有し、そのうち有人島は73にものぼる。その内、離島エリアの五島列島、壱岐と長崎市近くの伊王島は夏の観光に最も相応しい。五島列島では教会が有名である。その数が多いだけでなく、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録を目指す取組みが進められており、五島列島の教会群は最も原始的な風貌が保たれている。日差しが眩しい気だるい夏、真っ青な空の下で海沿いに建てられたチャペルと十字架は、周囲の点々とした緑で際立ち少し孤独な寂しさを感じるが、それがまた魅力的である。椿の花も五島の特産で、春先にはあちこちで花が咲き、町を彩るだけでなく、その栄養価値も非常に高い。

流

 ここで採取される椿油は日本の民衆に親しまれているだけでなく、食品や化粧品の商品の原材料として多くの日本メーカーに提供されている。また、もし映画の「悪人」を観たことがあるなら、大瀬崎灯台も絶対に見逃せない。そう、ここはあの映画のロケ地の一つである。野崎島は五島列島の一部で、五島列島の北に位置する。ここでは他にはない味わいの景色を楽しむことができる。野崎島は現在では住人のいない無人島で、緑の丘に赤レンガのチャペルがあり、徐々に高くなっていく段々畑や、芝の上で自由に走り回る野生の鹿、生活の痕跡がまだ残っている家屋の跡、ここには止まった年月の足跡が残されている。かつての小値賀小中学校野崎分校は、現在では「自然学塾村」として、観光客用の簡易的な宿泊施設、休憩施設となっている。無人島の夏の午後はやはり憧れる。

筒

 夏、海水浴場は絶対にかかせない。五島列島の高浜海水浴場はもっとも代表的なビーチである。日本でもっとも美しい白い砂浜と称されるビーチは、灼熱の太陽のもと、青い空、碧い海とのコントラストが映え、毎年多くの観光客で賑わう。高浜海水浴場とは異なり、壱岐の筒城浜海水浴場は海水の透明度で有名だ。水中の景色が澄んでよく見え、ダイビングなどのスポーツに適している。

新

 長崎での観光の時間に限りがあるが日差しが眩しい青空のもとビーチを楽しみたいなら伊王島がぴったりだ。伊王島の白浜は340メートルにも及び、しかも長崎市から非常に近いため、市中心地からここまではたった30分しかかからない。景色の魅力を除き、長崎の夏は独特で人文的な魅力を体験することもできる。夏が訪れる度、長崎では様々な行事が行われ、その中でも長崎県内各地でお盆期間中に行われる精霊流しと大村市で夏真っ盛りの期間に行われるおおむら夏越まつりが最も有名である。精霊流しは船に故人の霊を乗せて極楽浄土へ送り出すという長崎の伝統行事。

野

 当日の夕方から、町中に鉦の音が聞こえる。鉦の音と爆竹の音に伴い、参加している人々は夜の街で歩き始める。人ごみ、まだ空気中に残っている火薬の臭い、更に頬にあたる涼しい風が交わりながら、一枚の素敵な夏の風物絵となった。おおむら夏越まつりは「花火大会」と「本まつり」の2つで構成されている。

伊

 祭り自体はたった三日しかないが、奉納太鼓・郷土芸能・夏越総踊りなどの伝統的な演目が盛りたくさん。また夜市も用意されていて、本来静かな夏の夕暮れが踊ったり、歌ったりと眠れない宵に変わる。また、長崎のお盆はとてもユニークな点がある。中国文化の影響を受けており、お盆の時、人々は先人のお墓の前で花火をし、日本の他の地域では見られない光景が広がる。

(編集:章坤良)

関連記事
ヘユ゚イハニア