<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
2018新春

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

春節連休で、中国国内観光収入12?5%増

2018年 2月 23日9:41 提供:新華網日本語

旅行予約サイト「途牛旅遊網」が発表した「2018年春節ゴールデンウィーク観光消費棚浚え」によると、今年の春節休暇中に、観光客の出かけた日における選択は更に多様化となっており、「連休前の有給休暇4日+春節」、「春節+春節明けの有給休暇3日」、「春節前後の有給休暇+春節」などピークをずらして出かける傾向が主流になっている。春節前のピークをずらして出かけた観光客の中には、バレンタインデーを一緒に過ごす若者も多かった。

春節期間中の中国人国内観光は大体三つの人気方向に分かれた。1つ目が「暖冬ツアー」で、目的地が三亜、麗江、アモイ、大理、シーサンパンナなどの南部の都市、2つ目が「氷雪ツアー」で、目的地がハルビンなどの北部の都市、3つ目は「年越し風習ツアー」「グルメツアー」などで、北京、上海、南京などがその目的地になった。

人気の高い海外観光目的地となる島を挙げると、プーケット、ニャチャン、バリ島、サムイ島、ボラカイ島、サイパン、モーリシャス、フィジー、セーシェル、タヒチがトップ10となっている。

中国旅遊研究院、国家旅遊局データセンターは携程(シートリップ)観光ビッグデータジョイントラボラトリーなどの機関と、2018年春節7連休観光市場予測報告を合同で発表し、7連休に中国人国内観光客数は12%増の3億8500万人、中国人国内観光収入は12?5%増の4760億元と予測している。

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

王者彩票