<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
2018新春

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

グリーンで「CO2排出ゼロ」の観光地形成を目指す 浙江徳清

2018年 8月 9日20:42 提供:新華網日本語

8日、徳清県下渚湖風景区の湖の水面を進む電動式遊覧船(小型無人機から)。同風景区はすでにディーゼル船を使用していない。

中国浙江省湖州市徳清県は2017年から、「美しい山河こそ金山、銀山に値する」の発展理念を遂行し、国の省エネ?排出削減の呼びかけに応え、代替エネルギーとしての電気の普及を大いに推進した。また、莫干山、下渚湖などの風景区での飲食、宿泊、交通といった分野で、「石炭?石油?天然ガスの代わりに電力を使う」事業を展開し、グリーンで「CO2排出ゼロ」のオール電化の観光地を形成し、観光を発展させるとともに、生態保護にも努めていく。(新華社記者/徐昱)

8日、徳清県の莫干山風景区にある民宿「西竹雲見」(小型無人機から)。部屋の冷暖房、給湯、飲食などには従来の燃料ではなく、空気熱利用ヒートポンプが使われている。

中国浙江省湖州市徳清県は2017年から、「美しい山河こそ金山、銀山に値する」の発展理念を遂行し、国の省エネ?排出削減の呼びかけに応え、代替エネルギーとしての電気の普及を大いに推進した。また、莫干山、下渚湖などの風景区での飲食、宿泊、交通といった分野で、「石炭?石油?天然ガスの代わりに電力を使う」事業を展開し、グリーンで「CO2排出ゼロ」のオール電化の観光地を形成し、観光を発展させるとともに、生態保護にも努めていく。(新華社記者/徐昱)

中国浙江省湖州市徳清県は2017年から、「美しい山河こそ金山、銀山に値する」の発展理念を遂行し、国の省エネ?排出削減の呼びかけに応え、代替エネルギーとしての電気の普及を大いに推進した。また、莫干山、下渚湖などの風景区での飲食、宿泊、交通といった分野で、「石炭?石油?天然ガスの代わりに電力を使う」事業を展開し、グリーンで「CO2排出ゼロ」のオール電化の観光地を形成し、観光を発展させるとともに、生態保護にも努めていく。(新華社記者/徐昱)

中国浙江省湖州市徳清県は2017年から、「美しい山河こそ金山、銀山に値する」の発展理念を遂行し、国の省エネ?排出削減の呼びかけに応え、代替エネルギーとしての電気の普及を大いに推進した。また、莫干山、下渚湖などの風景区での飲食、宿泊、交通といった分野で、「石炭?石油?天然ガスの代わりに電力を使う」事業を展開し、グリーンで「CO2排出ゼロ」のオール電化の観光地を形成し、観光を発展させるとともに、生態保護にも努めていく。(新華社記者/徐昱)

中国浙江省湖州市徳清県は2017年から、「美しい山河こそ金山、銀山に値する」の発展理念を遂行し、国の省エネ?排出削減の呼びかけに応え、代替エネルギーとしての電気の普及を大いに推進した。また、莫干山、下渚湖などの風景区での飲食、宿泊、交通といった分野で、「石炭?石油?天然ガスの代わりに電力を使う」事業を展開し、グリーンで「CO2排出ゼロ」のオール電化の観光地を形成し、観光を発展させるとともに、生態保護にも努めていく。(新華社記者/徐昱)

中国浙江省湖州市徳清県は2017年から、「美しい山河こそ金山、銀山に値する」の発展理念を遂行し、国の省エネ?排出削減の呼びかけに応え、代替エネルギーとしての電気の普及を大いに推進した。また、莫干山、下渚湖などの風景区での飲食、宿泊、交通といった分野で、「石炭?石油?天然ガスの代わりに電力を使う」事業を展開し、グリーンで「CO2排出ゼロ」のオール電化の観光地を形成し、観光を発展させるとともに、生態保護にも努めていく。(新華社記者/徐昱)

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

王者彩票