<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
中国国際輸入博覧会

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

渡り鳥の飛来シーズン到来 江西省鄱陽湖

2018年 11月 18日14:05 提供:新華網日本語

14日、江西省?鄱陽湖都昌湿地へ飛来してきたクロヅルの群れ。(九江=新華社配信/傅建斌)

中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。

中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。

中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。

中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。

中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。

9日、江西省?鄱陽湖都昌湿地で撮影したアカツクシガモの群れ。(九江=新華社配信/傅建斌)

14日、江西省?鄱陽湖都昌湿地で撮影したクロヅル。(九江=新華社配信/傅建斌)

14日、江西省?鄱陽湖都昌湿地で、エサを探し求めるカモメ。(九江=新華社配信/傅建斌)

中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。

中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

王者彩票