<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
中国国際輸入博覧会

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

活力を取り戻した茶馬古道の宿場町、雲南省那柯里を訪ねて

2019年 4月 18日15:09 提供:新華網日本語

14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、馬の背にゆられながら農村の風景を楽しむ観光客。(寧洱=新華社記者/胡超)

中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県にある同心鎮那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた歴史を持つ。村内にはイ族やハニ族、タイ族、漢族などの民族300人近くが暮らしている。同地は近年、農村観光を大いに発展させ、農民が収入を増やし、豊かになれるよう取り組み、茶馬古道文化や馬幇(まばん、荷馬を利用したキャラバン)文化および民俗風情あふれる文化などを特色とした農村生態レジャーと観光ブランドを打ち出すことで、古びた宿場町に新たな活力を呼び起こし、国内外の多くの観光客を魅了している。

14日、空から見た寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村の風景。(小型無人機から、寧洱=新華社記者/胡超)

14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、古民家が立ち並ぶ路地を散策する観光客。(寧洱=新華社記者/胡超)

14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、自然の風景を楽しむ観光客。(寧洱=新華社記者/胡超)

14日、寧洱ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里村で、古民家の独特な美しさを堪能する観光客。(寧洱=新華社記者/胡超)

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

推薦記事:

内モンゴルが産業化を後押しフタコブラクダの頭数回復

小さなナマコが一大産業に福建省霞浦県

王者彩票