<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
中医薬、世界へ広がる

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

天壇公園の一部が68年ぶりに公開=北京

2019年 6月 12日14:45 提供:中国国際放送局

写真提供:人民網

中国では、毎年6月の第2土曜日は「文化と自然遺産の日」です。その日に当たる8日、北京の世界遺産?天壇公園で、南西部の一角にある広利門とその周辺の3.2ヘクタールが68年ぶりに公開されました。

このエリアは公園の内壇の一部であり、1951年に北京園林機械の修理工場が立地しました。この工場は2007年に廃止され、建屋の一部は公園職員の事務所になりました。その後、公園の保護や修復のため建屋が撤去されて、このエリアにある広利門や古い壁、輿路などの遺跡が再び姿を現しました。

天壇公園は明朝時代の永楽18年(1420年)に建てられ、明と清の皇帝が天を祭る場所でした。歴史ある世界遺産の公園の全エリアを復元するため、2030年まで保護や整備事業が行われる予定です。(鵬、森)

王者彩票