<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
第2回中国国際輸入博覧会

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

九寨溝景勝区、個人観光客の受け入れ再開

2019年 11月 30日9:04 提供:新華網日本語

中国四川省の九寨溝風景名勝区管理局は28日、景勝区への個人観光客の受け入れを同日再開したと発表した。また、ツアー参加者を含む観光客の1日当たりの最大受け入れ人数をこれまでの8千人から2万人に引き上げた。

2017年に地震で被害を受けた九寨溝景勝区は2年間復旧作業を進め、現在では景勝区内の85%以上を開放しており、扎如溝の扎如寺や樹正溝(火花海を除く)、日則溝(諾日朗~五花海)、則査窪溝などをバスや徒歩で観光できる。

九寨溝へのアクセスは、九寨黄竜空港が今年8月8日に運営を再開し、陸路も景勝区に通じる三つのルートすべてが開通しており、九寨溝県の交通処理能力は震災前を上回る水準まで向上している。

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

推薦記事:

雄大にそびえる九峰山内モンゴル自治区

秋色に染まる普達措国家公園雲南省シャングリラ市

王者彩票