<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了 昨年より5日早く解氷

2020年 5月 2日9:34 提供:新華網日本語

4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。(漠河=新華社配信/王景陽)

中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。

黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。

4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。(漠河=新華社配信/王景陽)

4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。(漠河=新華社配信/王景陽)

4月28日、北極村に入る前に検温を受ける観光客。(漠河=新華社配信/王景陽)

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

王者彩票