<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

6拠点で「ヘルスケア?グリーンツーリズム」試行開始 チベット自治区

2020年 8月 15日11:04 提供:新華網日本語

チベット自治区山南市にあるヤムドク湖。(7月29日撮影、ラサ=新華社記者/張汝鋒)

中国チベット自治区は11日、ラサ市で6拠点での「ヘルスケア?グリーンツーリズム」試行開始式典を行った。旅行代理店15社が同日、6拠点と提携契約を結んだ。

6拠点には、「ラサで最も美しい村」とされ温泉で有名なタドン(達東)村、ヤンパチェン(羊八井)鎮の温泉リゾート、チベット薬湯センターと、その他3カ所が選ばれた。

タドン村には2016年以降、100万人以上がヘルスケアツアーで訪れており、観光収入は2100万元(1元=約15円)を上回っている。

同自治区は環境資源と医療資源が豊富で、試行が始まった6拠点によって、さらに同地域の薬湯?温泉産業や観光業に弾みがつくとみられている。

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

王者彩票