<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 観光 >> 中国観光

大足石刻に観光客戻る 重慶市

2020年 11月 17日9:04 提供:新華網日本語

12日、大足石刻宝頂山風景区で千手観音像を拝観する観光客。(重慶=新華社記者/劉潺)

中国重慶市大足区にある大足石刻風景区では6月22日に観光客の受け入れを全面的に再開して以降、着実に客足が戻っている。同風景区は新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、1日平均約2千人を受け入れ、再び観光シーズンを迎えた。

大足石刻は初唐時代(618~712年)に建造が始まり、宋の時代(960~1279年)に全盛期を迎えた。1999年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。

12日、大足石刻宝頂山風景区にある大足石刻博物館を見学する観光客。(重慶=新華社記者/劉潺)

12日、大足石刻宝頂山風景区を見学する観光客。(重慶=新華社記者/劉潺)

12日、大足石刻宝頂山風景区を見学する観光客。(重慶=新華社記者/劉潺)

12日、大足石刻宝頂山風景区を見学する観光客。(重慶=新華社記者/劉潺)

12日、大足石刻宝頂山風景区を見学する観光客。(重慶=新華社記者/劉潺)

12日、大足石刻宝頂山風景区を見学する観光客。(重慶=新華社記者/劉潺)

12日、大足石刻宝頂山風景区にある大足石刻博物館の展示室。(重慶=新華社記者/劉潺)

12日、夕日に照らされる大足石刻宝頂山風景区。(小型無人機から、重慶=新華社記者/劉潺)

当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

王者彩票