<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

朝鮮半島問題で中米が電話会談 中国「米側は朝鮮側の理にかなった懸念を重視すべき」

2021年 10月 11日15:50 提供:人民網日本語版

  中国政府の劉暁明朝鮮半島問題特別代表は9日、米国務省のソン?キム朝鮮担当特別代表と電話会談を行った。外交部(外務省)ウェブサイトが伝えた。

  劉氏は現在の朝鮮半島情勢に対する中国側の見解を明らかにし、「米側は朝鮮側の正当で理にかなった懸念を重視し、実際の行動を取って対話再開の条件を整え、朝鮮半島の平和?安定維持に寄与することをより多く行うべきだ」と指摘した。

  キム氏は「米側は外交的手段を通じた朝鮮半島問題の解決に尽力しており、朝鮮側との対話?接触の早期実現を望んでいる」とした。

  両氏は意思疎通を継続することで合意した。(編集NA)

  「人民網日本語版」2021年10月11日

王者彩票