<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

「国家標準化発展綱要」通達、今後15年間の標準化目標と青写真を定める

2021年 10月 11日16:50 提供:人民網日本語版

  中共中央と国務院はこのほど、今後15年間の中国における標準化推進目標と青写真を定めた「国家標準化発展綱要」を通達した。新華社が伝えた。

  「綱要」によると、2025年までに、標準策定の政府主導から政府?市場主導への転換、標準運用の産業?貿易中心から経済?社会全域対象への転換、標準化作業の国内駆動から国内?国際相互促進への転換、標準化展開の数量規模型から品質効益型への転換を実現する。標準化は、より効果的に国の総合的競争力の向上を後押しし、質の高い経済?社会発展を促進し、新発展構造の構築においてより大きな役割を果たす。2035年までに、構造が最適化され、先進的で合理的であり、国際的互換性を備えた標準システムをさらに整備し、中国の特色ある標準化管理体制をより十全化にし、市場が駆動し、政府が誘導し、企業が中心となり、社会が参加する、開放的?融合的な標準化作業構造を全面的に形成する。

  また「綱要」は、「主要技術分野における標準研究を強化する。人工知能(AI)、量子情報、バイオテクノロジーなどの分野で、標準化研究を実施する。工業化と情報化の融合、次世代情報技術、ビッグデータ、ブロックチェーン、衛生?健康、新エネルギー、新素材など、応用が有望な技術分野で、技術研究?開発、標準研究?制定、産業普及を同時に展開し、新技術の産業化を加速する」とした。

  産業の標準化水準の向上について、「綱要」は「産業の最適化と高度化を推進する。ハイエンド装備製造の標準化『強基プロジェクト』を実施し、スマート製造、グリーン製造、サービス型製造の標準を整備し、産業最適化?高度化の標準群を形成し、一部分野の主要標準において産業発展の平均水準を適度にリードする。金融分野の科学技術、商品、サービスとインフラなどの標準を整備?普及させ、金融リスクを効果的に防止?解消する。先進的製造業と現代サービス業の融合的発展のための標準化を加速し、業界?分野を超えた総合的標準化を推し進める。ビッグデータと産業の融合的標準を確立?整備し、デジタルの産業化と産業のデジタル化を推進する」とした。

  また「綱要」は、「炭素排出量のピークアウトやカーボンニュートラルの基準を確立?整備する。省エネルギー基準の更新?高度化を加速する。地域、産業、企業、製品等の炭素排出量の検証?算定標準の整備を加速する。重点産業?製品の温室効果ガス排出基準を制定し、低炭素製品標準表示制度を整える。再生可能エネルギーの基準を整え、生態系の炭素吸収源、炭素回収?利用?貯留の標準を研究?制定する。炭素排出量のピークアウト、カーボンニュートラルの標準化?アップグレードプロジェクトを実施する」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2021年10月11日

王者彩票