<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

孔鉉佑駐日大使「隣国日本が中国の発展による新たなチャンスを先んじてつかむことを歓迎」

2021年 12月 18日10:50 提供:人民網日本語版

  

  孔鉉佑駐日大使は16日、新しい時代の要請にふさわしい中日関係の構築やメディアの果たすべき役割などについて、共同通信「放送協議会運営委員会」で基調講演を行った。在日本中国大使館ウェブサイトが伝えた。

  孔大使は講演で、「最近、日本国内では中国の経済成長の鈍化を懸念する声が高まっているが、我々はとうに『唯速度論』から脱して、新発展理念を全面的に貫徹し、新発展構造の構築を加速し、質の着実な向上と量の合理的な増大の実現を推進している。中国経済の安定という基調、成長という大勢、長期的に良い方向へ向かうというファンダメンタルズに変化はない。その一方で、我々は、百年間なかった情勢変動と世紀のパンデミックによる打撃が続く中、外部環境が一層複雑で厳しく不確定なものへと変わっており、中国経済の発展は需要縮小、供給ショック、期待の弱まりという長年なかった三重の圧力に直面し、困難や試練が著しく増加していることも認識している。先般の中央経済政策会議で、我々は来年の経済政策について安定第一、『安定を維持しながらの前進』という指導方針を決めた。我々は引き続き揺るぎなく自らの事をしっかりと行い、質の高い発展の道をしっかりと歩んでいく。我々には『安定の中で好転』という経済基調を維持する能力と自信があり、これは世界に新たなチャンスをさらに多く提供することにもなる。日本側が中国の隣国及び協力パートナーとして、『水辺の楼台は月が先に照らす』という特殊な優位性を活かして、中国の発展がもたらす新たなチャンスを先んじてつかむことを歓迎する」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2021年12月17日

王者彩票