<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

外交部「日本は歴史の残した問題を責任ある姿勢で適切に処理すべき」

2021年 12月 31日11:49 提供:人民網日本語版

  

  外交部(外務省)の30日の定例記者会見で、趙立堅報道官が佐渡島の金山を世界文化遺産の推薦候補とする日本の決定に関する質問に答えた。

  韓国外務省が28日、佐渡島の金山を世界文化遺産の推薦候補とする日本の決定に憤りを表明し、即時撤回を促したことについて、コメントは。

  労働者の強制徴用と奴隷的酷使は、日本軍国主義が対外侵略と植民地支配の期間に犯した重大な犯罪行為だ。日本側は以前、今回と似通った世界文化遺産の登録申請過程において、構成遺産の一部において中国や朝鮮半島、その他アジア諸国の労働者の本人の意思に反した強制労役があったことを認めたうえ、犠牲者を記念する情報センターの設置を約束したが、いまだに実行されていない。今また日本は近隣国の苦しみの記憶を無視し、新たな似通った遺産を登録申請しようとており、怒りと反発を招くのは当然だ。日本側は歴史を正視し、歴史の残した問題を責任ある姿勢と実際の行動によって適切に処理して、アジア近隣諸国と国際社会の信頼を得るべきだ。(編集NA)

  「人民網日本語版」2021年12月31日

王者彩票