<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

中国人民解放軍香港駐留部隊の一部幹部が交替のため香港地区を離れる

2022年 1月 4日16:49 提供:人民網日本語版

  

  「中華人民共和国香港特別行政区駐軍法」の規定に基づき、中央軍事委員会の承認を得て、香港地区防衛任務を順調に完了した陸海空軍の幹部200人余りが3日に香港地区を離れ、大陸部部隊での任務に復帰した。軍幹部が交替のため香港地区を離れるのは、香港地区の祖国復帰後23回目。中央テレビニュースが伝えた。

  

  幹部らは香港地区での駐留期間に、香港駐留部隊展覧センターの公開運営、「香江衛士」演習、合同パトロールなどの重大任務を順調に実施し、主権の明示と香港地区防衛の遂行において重要な貢献を果たし、香港同胞と社会各界から高く称賛された。

  

  新たに全軍から選ばれ、香港駐留部隊に配属される幹部はすでに香港地区に到着し、防衛任務を引き継いでいる。彼らは大陸部で特別訓練を受けており、香港地区防衛の任務遂行に必要な総合的素養と能力を備えている。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年1月4日

王者彩票