<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

新疆の報道関係者が欧米の「強制労働」の嘘に反論

2022年 1月 6日14:52 提供:人民網日本語版

  新疆維吾爾(ウイグル)自治区は5日、「労働でより良い暮らしを送れるようにする」というテーマで一連の座談会を開催した。新疆の地元記者複数が、自らの取材経験を語り、「各民族の人々が自らの手でより良い暮らしを送れるようになったという話はいくらでもあり、欧米反中勢力の捏造した『強制労働』の嘘は全くのデマであり中傷だ」と述べた。新華社が伝えた。

  新疆広播電視台のニュースキャスターは、沙雅県紅旗鎮多勒昆村の綿作農民を取材したことがある。この農民は綿摘み機の運転経験が2年あり、綿花収穫期のわずか2ヶ月で5万元(1元は約 18.2円)近い収入を得た。同キャスターは、「私は子供の頃から新疆で暮らしており、働き、生活する中で、自らの努力によってより良い暮らしを送れるようになった人々を自分の目で見てきた。今や、ますます多くの若者が近代的農業産業に身を投じている。豊作の綿花畑は、人々の収入を増やし、豊かにする黄金の土地となっている」と述べた。

  阿克蘇(アクス)地区広播電視台のラジオ番組センター副主任は、16年間新疆で報道の仕事に従事しており、企業やコミュニティを訪れ、各民族の人々の暮らしが日に日に良くなる様子を記録してきた。特に感銘を受けたのが、ブライダル専門店を開いた女性だ。「彼女の店舗は行き届いたサービスと優れた技術のおかげで、ビジネスがどんどん拡大した。今や彼女は新しい家に住み、新しい車に換え、家族も幸せで円満に暮らしている。これは私の周りの実話であり、欧米反中勢力の捏造した『強制労働』という嘘は全くのデマであり中傷であり、良識のある人なら誰も騙されないだろう」。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年1月6日

王者彩票