<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

国連中国政府代表部報道官「新疆問題でのデマやイメージ毀損の企ては失敗に終わる」

2022年 1月 13日16:49 提供:人民網日本語版

  国連中国政府代表部の報道官は現地時間12日、一部の反中分子がいわゆる「ウイグル法廷判決」オンライン会合を行ったことについて、強い非難と断固たる反対を表明し、「新疆に災禍と動乱をもたらし、中国のイメージを毀損するいかなる国、勢力、者による企ても必ず失敗に終わる」とした。中央テレビニュースが伝えた。

  報道官は「いわゆる『ウイグル特別法廷』は反中分裂組織『世界ウイグル会議』が欧米反中勢力に操られ、資金援助を受けながら、一部の反中分子を集めて注目を集め、人々を騙すための政治的道具だ。このいわゆる『法廷』にはいかなる法的資格もなく、信頼性もない。『法廷』及びその『判決』は反中分子の自作自演の政治的茶番に過ぎない。この茶番は国連と何の関係もなく、国連及び数多くの加盟国から必然的に反対され、拒絶されるだろう」とした。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年1月13日

王者彩票