<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

ウクライナ問題でBRICSが立場を表明

2022年 4月 14日16:50 提供:人民網日本語版

  「2022年BRICS調整官第2回会議」が12、13両日に開催された。中国のBRICS担当調整官を務める馬朝旭?外交副部長(外務次官)が議長を務め、各国の調整官が出席した。

  BRICSは現在のウクライナ情勢を非常に注視しており、各国が自らの立場を重ねて表明した。BRICSは、多国間主義を支持し、国連憲章の趣旨と原則を遵守し、各国の安全保障上の合理的な懸念を尊重する。ロシアとウクライナが対話と交渉を続け、ウクライナ問題の包括的解決を図ることを支持する。ウクライナ国内及び周辺の人道的状況に懸念を表明し、赤十字国際委員会と国連機関の貢献を含む、ウクライナに対するあらゆる人道支援努力を支持する。

  BRICSは、一方的制裁が世界経済の回復、産業チェーンとサプライチェーンの安定、エネルギー及び食糧安全保障にもたらす深刻な影響、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の実行に対する深刻な打撃に特に注目し、数多くの発展途上国の懸念を強く重視し、しっかりと解決して、各国の経済と民生に影響が生じないよう確保することを呼びかける。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年4月14日

王者彩票