<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

外交部「ウクライナ問題における中国の立場に対する歪曲と中傷に反対」

2022年 4月 15日13:50 提供:人民網日本語版

  

  米財務長官が「中国はロシアによるウクライナでの軍事行動の終結を後押しする行動を取るべきだ。さもなくば、中国の国際的地位に影響するだろう」と述べたことについて、中国外交部(外務省)の趙立堅報道官は14日の定例記者会見で次のように述べた。

  ウクライナ問題において、中国は常に客観的で公正な立場を堅持している。我々は対話と交渉を支持し、ウクライナや影響を受けた他の国々への人道支援を積極的に実施して、事態の緩和、危機の解消、平和の再建に多大な努力を払っている。

  我々は一貫して、各国の主権と領土的一体性がいずれも尊重され、維持されるべきであることを堅持し、国際関係の取り扱いにおいてダブルスタンダードがあるべきではなく、ウクライナの主権と安全は維持されてしかるべきであり、ロシアの安全保障上の合理的懸念も同様に尊重されるべきであり、欧州の平和と安定は守られるべきであり、他の国々の平和と安定も同様に守られるべきであると考えている。

  我々は、中国の立場に対するいかなる歪曲と中傷にも断固反対する。中国はウクライナ問題において建設的役割を果たしており、我々は公正な道理を主張し、平和を追求し、長期的視点に立っている。中国の立場は、大多数の国々の立場や願いと一致している。我々は中国に対する根拠なき非難と邪推に反対し、いかなる圧力や脅迫も受け入れない。中国の立場が歴史の正しい側にあることは、時が最終的に証明するだろう。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年4月15日

王者彩票