<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 政治

ブリンケン氏の台湾地区関連発言に中国「背信行為は米国に重大な結果をもたらす」

2022年 4月 28日15:50 提供:人民網日本語版

  

  ブリンケン米国務長官の先日の台湾地区関連発言について、外交部(外務省)の汪文斌報道官は27日の定例記者会見で、「中国側は米側に厳正に告げる。国家の主権及び領土的一体性を守る14億中国人の強固な決意、断固たる意志、強大な能力を見くびってはならない。信義に背けば台湾地区を危険な状況へ追いやるだけでなく、米側にも重大な結果をもたらすことになるだろう」と述べた。

  ブリンケン米国務長官が26日の議会公聴会で、「米政府は台湾が中国大陸からのいかなる潜在的侵略も防ぎ止めるのに必要なあらゆる手段を保有する決意であり、台湾の非対称抑止力の強化を重点的に支援していく」と述べたとの報道について、コメントは。

  我々はブリンケン国務長官の発言に強い不満と断固たる反対を表明する。1979年の中米国交樹立以来、現政権を含め、歴代米政権はいずれも「一つの中国」政策の遂行を明確に表明してきた。「外交関係樹立に関する共同コミュニケ」と「8?17コミュニケ」は「アメリカ合衆国は中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認し、中国はただ一つであり、台湾地区は中国の一部であるとの中国の立場を認める」と明確に指摘し、「上海コミュニケ」も「米国は、台湾海峡の両側の全ての中国人が、中国はただ一つであり、台湾地区は中国の一部であると主張していることを認識している。米国政府は、この立場に異論を唱えない」と指摘した。

  台湾地区は中国の一部であるのだから、大陸が台湾地区を「侵略」するという主張が出てくるはずがないではないか?

  米国の指導者は「台湾独立」への不支持を繰り返し表明しているが、同時に米側は台湾地区への武器売却や台湾地区との公的交流を続けて、「台湾独立」分裂勢力に誤ったシグナルを送っている。我々は米側に厳正に告げる。両岸の統一という歴史の大勢は押しとどめることができず、「一つの中国」原則こそが台湾海峡の平和?安定維持の重要な支柱だ。国家の主権及び領土的一体性を守る14億中国人の強固な決意、断固たる意志、強大な能力を見くびってはならない。信義に背けば台湾地区を危険な状況へ追いやるだけでなく、米側にも重大な結果をもたらすことになるだろう。(編集NA)

  「人民網日本語版」2022年4月28日

王者彩票