<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
中国国際輸入博覧会

Home >> 新着 >> 上海

国家部門·委員会が輸入博覧会のための便利化措置20数項目を発表

2018年 10月 30日9:30 提供:人民網日本語版

 国家関連部門と委員会は、第1回中国国際輸入博覧会を国際一流レベルの博覧会にするため、博覧会をめぐる20数項目の便利化措置を相次ぎ発表、すべて施行した。新華社が伝えた。

 上海市の応勇市長は、28日に開かれた「第30回上海市市長国際企業家コンサルティング会議」の記者会見において、上述の情報を発表した。

 11月5日に開幕する第1回中国国際輸入博覧会の各種準備作業はほぼ完了しており、各種展示品の展示作業が急ピッチで進められている。現時点で、80ヶ国·地区および国際機関の参加が決まっており、130ヶ国·地区の企業2800社以上が企業展に参加する予定で、展示会場の面積は計30万平方メートル以上となる。

 28日のコンサル会議に参加したベイン·アンド·カンパニーのオリット·ガディッシュ会長は、「輸入博覧会は、世界で初めての輸入をテーマとする博覧会であり、中国が世界に向かって市場を開放するという重大政策のPR活動でもあり、開放拡大に向けた中国の自信と決心を示すものだ。今回の博覧会は、中国にとって、AIやモノのインターネットなど応用のための新技術を紹介するチャンスとなる。貿易プロセスの改革やペーパーレス申告を進めることは、通関に要する時間を短縮するだけではなく、海外の中小企業がよりスムーズかつスピーディに中国市場に参入するのに役に立つ」とコメントした。(編集KM)

 「人民網日本語版」2018年10月29日

王者彩票