<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

人助けの後に党の徽章を示した新疆の牧畜民

2022年 1月 3日13:50 提供:人民網日本語版

  

  2021 年の夏、新疆維吾爾(ウイグル)自治区西北部の牧畜民である阿布都加帕爾?錳徳(アブドゥジャパル?モンド)さんは、車がぬかるみにはまって困っている数人の観光客を見かけ、車を押すのを手伝った。車がぬかるみを脱出した後、彼は観光客らが申し出た謝礼を断った。そのかわり、自分の胸に付けた中国共産党の徽章を示して、「私は中国共産党党員なので、みなさんを手伝う責任があります」という言葉を残した。

  

  阿布都加帕爾?錳徳さんは23 年前に中国共産党に入党した。入党したその日から毎日党の徽章を付け、入党を栄誉とし、そして責任としてきた。この男性の善意ある行動は中国のSNSで広く称賛され、多くの人が学ぶべき模範だと考えている。(編集AK)

  

  「人民網日本語版」2022年1月3日

王者彩票