<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

優秀児童に子豚1頭!学校からのビックリご褒美

2022年 1月 10日19:50 提供:人民網日本語版

  雲南省のある農村の小学校が、優秀な児童を表彰するため1人1頭の子豚を配った動画が、ネットユーザーから注目されている。中央テレビニュースが伝えた。

  この動画をネットにアップしたのは、雲南省昭通市彝良県海子鎮にある向陽小学校で教育事業支援教員をしている侯長亮さんだ。「以前は学習用品を配っていたが、今年は上海の善意ある人からの援助があり、農村振興と教育による貧困者支援の実際状況を踏まえて、奨励品の内容を変更。1頭10-15キログラムの子豚を20頭買ってきた」のだという。候さんによると、子豚の数が限られていることから、学校は児童の普段の様子を総合的に評価し、20人の優秀児童を選出。そして保護者に受け取りに来るよう通知を出した。

  

  子豚は大きさがそれぞれ違っていたため、学校は公平を期し抽選を実施。抽選の結果、配られた子豚の大きさに違いはあったものの、児童も保護者も大喜び。子豚を抱きかかえて連れ帰る人もいれば、紐をつけて散歩させるように連れ帰る人もいた。

  学校が配ったこのスペシャルなご褒美は、「すごく実益のあるご褒美!」、「実用的で意義もあるサプライズプレゼント!」など、ネット上でも大いに話題になった。

  

  

  向陽小学校は1年生から4年生までで、児童数は65人。学校全体で教員は4人のみで、うち2人は代講教員、2人は教育事業支援教員だ。候さんとその妻は4年前、教育事業支援のためこの小学校にやって来た。4年以上にわたり児童たちを送り出してきた2人は、結婚写真もこの小学校で撮影したという。

  

  候さん夫妻は普段、児童たちの成長に関する細々としたことを記録している。学校に連絡してきて物資を寄贈しようとする善意ある人も多いが、候さんはいつも婉曲に断っている。「寄付に依存してしまい、楽して利益を得るという考えを児童に持ってほしくない。労働による見返りこそが尊く、力があることを知ってもらいたい」と候さんは語った。(編集YF)

  

  「人民網日本語版」2022年1月10日

王者彩票