<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

2022年世界卓球選手権団体戦が4月に成都で開催

2022年 1月 13日20:49 提供:人民網日本語版

  

  2022年世界卓球選手権団体戦決勝の会場となる成都ハイテク産業開発区スポーツセンター(国際卓球連盟公式サイトより)。

  国際卓球連盟(ITTF)、中国卓球協会、成都世界卓球選手権組織委員会は11日に共同で、2022世界卓球選手権団体戦が2022年4月17日から26日にかけて、中国の四川省成都市で開催されることを発表した。成都市が世界卓球選手権を開催するのは今回が初となる。人民網が伝えた。

  大会には男子?女子計40チームが出場し、各代表チームは選手5人を派遣できる。出場する選手らは試合会場近くのホテル2ヶ所に宿泊する。大会はバブル方式で行われ、厳格な封鎖式管理が実施される。

  ITTF執行副主席、中国卓球協会主席の劉国梁氏は、「世界卓球選手権はITTFの最も重要な大会であり、世界の卓球ファンが注目する試合の一つでもある。世界卓球選手権が成都で開催されることで、世界の卓球ファンの注目が集まることになり、成都という都市にとってもアピールとなる。成都には豊富な卓球大会開催経験があり、これまでに何度もITTFの男女ワールドカップとオープン大会を成功させてきた。今回世界卓球選手権の成都開催が決まったことで、成都でまた世界卓球ブームが起こるだろう」と述べた。

  2020年の釜山世界卓球選手権団体戦は中止となったため、前回の世界卓球選手権団体戦から4年ぶりの開催となる。 (編集AK)

  「人民網日本語版」2021年1月12日

王者彩票