<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

中国の戸籍で最も多い漢字1文字の名前は「偉」 2文字は「秀英」

2022年 1月 26日15:50 提供:人民網日本語版

  中国公安部(省)戸政管理研究センターが24日に同部の公式サイトを通して発表した「2021年全国姓名報告」によると、中国全土の戸籍に登録されている苗字以外の名前の漢字の数は1文字が13.97%、2文字が84.55%、それ以外が1.48%だった。その他、報告はよくある名前の地理的分布をまとめて分析している。

  

  報告によると、中国全土の戸籍人口のうち、最も多い漢字1文字の名前トップ10は上から順に「偉」、「敏」、「静」、「傑」、「麗」、「勇」、「涛」、「艶」、「軍」、「強」だった。トップの「偉」は323万6000人だった。男性だけを見ると、漢字1文字の名前で多いのは「偉」、「傑」、「勇」、「涛」、「軍」、「強」で、女性だけを見ると、「敏」、「静」、「麗」、「艶」が多かった。

  

  報告によると、中国全土の戸籍人口のうち、最も多い漢字2文字の名前トップ10は上から順に「秀英」、「桂英」、「秀蘭」、「玉蘭」、「婷婷」、「建華」、「桂蘭」、「玉梅」、「秀珍」、「海燕」だった。トップの「秀英」は216万9000人だった。男性だけを見ると、多いのは「建華」だけで、その他は女性の名前として使われているケースが多く、名前がかぶる確率は男性を大きく上回っている。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年1月26日

王者彩票