<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

NY市議会議員が「これがNYの未来だ!」と自信満々で紹介したモノとは?

2022年 2月 25日17:50 提供:人民網日本語版

  米ニューヨーク市議会議員 Erik Bottcher氏が現地時間2月16日、貨物運送会社?ユナイテッド?パーセル?サービス(UPS)の宅配用電動アシスト三輪車に乗りながら、「これがニューヨークの宅配の未来だ!」とドヤ顔で話す動画をツイッターに投稿した。中国日報が報じた。

  

  Erik Bottcher氏によると、「宅配用電動アシスト三輪車が今後、宅配便会社のトラックに取って代わるようになれば、道路を走る大型トラックが大幅に減る」と紹介し、「多くの建物の中にまで入っていって、荷物を専用スペースや貨物エレベーターまで運び入れることができるようになる」とした。

  そしてErik Bottcher氏は動画の最後にもう一度、「これが未来だ(It's the future)」と力強く語ってみせた。

  

  ツイッターのコメント欄には、ネットユーザーから、「これは普通の自転車ではなく、電動アシスト自転車。楽々とペダルをこいで坂を上れる。搭載されているモーターのパワーは強力で、一定の重さに耐えられるに違いない」や「効率的で、小回りが利くだけでなく、空気の質の改善にもつながる」、「温暖化を解決する本当に良い方法だ!もう何年も待ちわびていた!」といった投稿を持ち上げるコメントがたちまち寄せられた。

  

  

  

  しかしその一方で、「なんか未来の割にちょっとしんどそうなんですけど」といったツッコミも。

  

  また、中国の宅配会社が使っている電動三輪車と比較する投稿をしたネットユーザーもいた。

  

  さらには、「ちょっといろんな国に足を運んでみたほうがいいかもよ?例えば中国とか…」と、Erik Bottcher氏にアドバイスするコメントも見られた。(編集KN)

  

  「人民網日本語版」2022年2月25日

王者彩票