<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

寝る前にスマホを8分間いじると1時間は覚醒状態に 最新研究

2022年 3月 8日14:50 提供:人民網日本語版

  米国のある調査によると、寝る前に8分間スマホをいじると、脳の興奮状態が1時間続くことが分かった。

  ある医学研究では、スマホから発せられるブルーライトが網膜の光受容細胞を8分間刺激すると、体が1時間以上覚醒状態となり、体内時計が狂うことが分かっている。

  調査では、回答者の70%が「リベンジ夜更かし(revenge bedtime procrastination)」をしていると認めた。リベンジ夜更かしとは、日中は自由にできる時間がないため、夜更かしをして、自由な時間を得ることを指す。それは、心理的補充をして、日中のストレスを解消しようとする行為と言えるかもしれない。

  しかしリベンジ夜更かしは、「生活を自分でコントロールしている」という錯覚を与えてくれるかもしれないが、実際には、睡眠時間が減ることで、決定能力や認知能力が低下するといった副作用も伴うため、プラスの効果は何もない。

  リベンジ夜更かしという問題を克服するためには、仕事と休息のメリハリをつけて規則正しい生活をし、寝る前に電子機器を使用するのは避け、読書や瞑想、ストレッチなどをして、体をリラックスさせるようにすると良い。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年3月8日

王者彩票