<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
在上海多国籍企業職場復帰ケース

Home >> 新着 >> 社会

蘇翊鳴選手が出身地の吉林省に防護服1万枚寄贈

2022年 3月 24日11:50 提供:人民網日本語版

  北京冬季五輪のスノーボード男子金メダリスト?蘇翊鳴選手(18)がこのほど、吉林省吉林市に防護服1万枚を寄贈し、そのダンボール箱には「吉林省がんばれ!医療従事者の皆さん、お疲れ様です!」のメッセージが書かれていた。人民網が各社の報道をまとめて報じた。

  吉林市慈善総会は20日、蘇選手に「栄誉証書」を授与した。全ての防護服は、蘇選手の希望通り新型コロナウイルス対策に用いられる。

  中国の3月の新規感染者がすでに4万5000人以上に

  今月22日0時から24時にかけて、31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は2591人で、そのうち吉林省は2320人だった。

  中国国家衛生健康委員会疾病予防管理局の雷正龍副局長によると、3月1日から21日の間に、合わせて28省から新規国内症例が報告され、その数は4万1000人を超えた。

  この数字に、22日の新規国内症例4937人を加え、そこから無症状から症状を発症した94人を差し引くと、3月に中国全土から報告された新規国内症例は4万5000人を超えることになる。

  吉林省の国内症例は現在、急増しており、3月1日から21日までの間に報告された新規感染者は累計で2万2000人を超えた。14日以降は8日連続で新規感染者が1000人を超え、それらの感染者は主に吉林市と長春市に集中している。(編集KN)

  「人民網日本語版」2022年3月23日

王者彩票