<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
ようこそ、中国上海!
2018新春

Home >> 新着 >> 中日

中遠海運が中国国際輸入博覧会サポート 日本から初荷

2018年 10月 15日10:33 提供:人民網日本語版

 現地時間の10月5日、中国遠洋海運集団有限公司が輸送を請け負った第1回中国国際輸入博覧会の日本ブース出展品の第1弾が日本でコンテナに積み込まれた。

 中国遠洋海運集団有限公司が輸送を請け負った第1回中国国際輸入博覧会の日本ブース出展品の第1弾が、5日に日本でコンテナに積み込まれ、12日に東京都江東区青海の東京都中央防波堤外側埠頭(Y1)から中国に向けて出発した。実際に輸送を担当するのは同公司の日本法人·コスコシッピングラインズジャパン株式会社で、同博覧会の日本の出展企業のために出展品輸送サービスを提供した初めてのケースになった。人民網が伝えた。

 同集団は世界最大の輸送力を誇る総合的水上運輸企業で、2017年に米経済誌「フォーブス」が選ぶ「世界で最も信頼できる企業2千社」の104位に入り、船舶運輸会社で唯一選ばれた企業になった。

 今回輸送したのは日本のナイス株式会社の出展品で、同社は住宅建築材料を主業務とし、日本国内の流通、輸入販売業務、分譲住宅の販売、不動産仲介事業などを手がける。同社の責任者は取材に答える中で、「当社は日本の建築会社として、輸入博覧会に出展できることを非常に光栄に思う。博覧会での展示をきっかけに、ナイスのグリーンで環境保護に配慮し、構造の安全性と耐震性が高く、二酸化炭素を排出しない木造住宅『パワーホーム』を中国に広めたい」と述べた。環境に配慮した材料を重視する日本の建築企業が今回の博覧会に高い関心を寄せていることから、中国市場の誘致力、対外開放の誘致力がうかがえる。

 コスコによると、「中遠海運集団は輸入博覧会が推薦する唯一の国際航路運輸サービス企業として、配置、設計、輸送を全面的に請け負う。博覧会を通じて集団の質の高い商品とサービスをより多くの日本の人々に紹介し、また博覧会を通じて中日両国の経済貿易関係の発展をさらに推進していきたい」という。

 第1回中国国際輸入博覧会は今年11月5日から10日まで、上海市で開催される。(編集KS)

 「人民網日本語版」2018年10月13日

王者彩票