<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 経済IT  > 「多国籍企業in上海」ベスト革新実践ケース選考が発足
「多国籍企業in上海」ベスト革新実践ケース選考が発足
2015年 6月 8日9:00 / 提供:

 「多国籍企業in上海」ベスト革新実践ケース選考が8日、上海で発足した。3ヶ月に渡る同イベントは、上海の多国籍企業に向かって新発展の実例を募集する。最後に、ネット投票や専門家でベスト実践ケース40件を選出する。

 2015年4月まで多国籍企業が上海で設立した地域本部は506ヶ所となり、上海の科学革新に対する代われない力になった。上海の革新駆動、モデルチェンジ、改革推進や開放拡大に役に立っている。今回のイベントに通じて地元企業に国際経験を与え、上海の特色ある科学革新能力を培い、上海の国際的な競争力をアップさせることができる。

 「多国籍企業in上海」ベスト革新実践ケース選考は、上海市人民政府新聞弁公室や上海市商務委員会が指導し、上海日報や東方ネットが共催するもので、上海イノベーションセンターの建設をめぐって上海の良い投資環境や多国籍企業の上海での発展の実情を考慮して革新実践ケースを選考する。  

上海市大学シンクタンク研究と管理センターの専門家達が、今回のイベントの審査を担当し、ニューメディアの投票も行う。最後にベスト革新実践ケース40個を選出する。

 また、10月末に「革新と発展:多国籍企業in上海」フォーラムを開き、選考結果を公表して、受賞者に記念証明書を授与する。

王者彩票