<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 経済IT  > クレジットカード コンビニで入金できる
クレジットカード コンビニで入金できる
2008年 2月 18日16:55 / 提供:

 クレジットカードの持ち主はクレジットカードでショッピングする際、信用消費の便利さと格好良さを楽しんでいると同時に、毎月わざわざ銀行へ行き、長い行列で入金することが面倒で仕方がない。銀行らはそれぞれ同社のデビットカード・クレジットカードの間の入金業務を提供したが、給料とクレジットカードが別の銀行に属している市民にとっては、違う銀行での払い込みはやはり面倒だ。中国銀行連合が打ち出した「信付通」という新たな支給業務は、この方面で相当な進展ができた。

 現在、クレジットカードで消費することは、すでに人々の日常生活の習慣になり、様々なクレジットカードは財布の不可欠な一部だけではなく、流行文化としても無視できないものだ。中国銀行連合が2007年打ち出した「信付通」という新たな支給業務は、クレジットカードの持ち主に、無料のコンビニ入金サービスを提供しており、すでに人気を呼んできた。

 「銀行連合信付通」のターミナルは、中国人民銀行が提唱している公共支給プラットフォームの知能支給システムであり、銀行カードにより、チェックセンターの安全認証が認めた支給ターミナルである。外見から見ると、「信付通」は普通のPOSと変わりないが、実は安全性が高く、使用にも便利だ。2007年12月まで、上海市では、すでに聯華・QUIK・ALLDAYというコンビニ1000店に「信付通」のターミナルを設置した。2008年年末まで、この数字は2000店以上になると見込まれている。現在、コンビニでの入金モデルは、ますますクレジットカードの持ち主に受け入れるようになっている。

 現在、QUIKコンビニには、「lakala」という文字のプリントされた「信付通」のターミナルがよく見られる。クレジットカードの持ち主は、設備のボタンとディスプレーの提示した操作に従い、クレジットカードの支給画面が出た後、クレジットカードの情報を読み込み、そして入金金額を入力する。後は銀行連合の印のあるデビットカードを使い、パスワードを正しく入力したら、資金がすぐクレジットカードに振り込まれる。この間に、「メールでお知らせしますか」という提示もある。最後に取引の証票が出て、全部で1分もかからない。

 国内の各商業銀行は、2008年に入ると、クレジットカードの業務の競争が一層激しくなってきて、特に保障機能・入金方法などの細部を非常に工夫している。明らかになったところによると、平安銀行は2007年の後半からクレジットカードを打ち出したばかりだが、この短い半年のうちに、すでに30万枚発行した。実は、この平安銀行の新たな顧客は、すでに他の銀行で何枚かのクレジットカードを持っているが、平安のカードがあれば、銀行で入金する必要がないため、やはり財布にこのもう1枚のクレジットカードを入れた。平安銀行の顧客にとっては、上海の支社が少ないが、入金で不便と感じたことはないという。そのほか、平安銀行は紛失届前の72時間の消費損失保障もある。毎回の消費はメールで知らせるため、もし今使われたら、メールがすぐ届くのだ。そしてすぐに紛失届を出したら、それまでの72時間以内の損失は、すべて深セン平安銀行が補償してくれる。最高補償金額は5万元になるという。

 現在、平安銀行は積極的に中国銀行連合と手をつなぎ、銀行連合のネット入金業務も打ち出した。持ち主は平安のクレジットカードのウェブ、あるいは銀行連合のウェブを通し、平安・招商・中信・光大・民生・深セン農業・交通・深セン発展・浦東発展などの銀行のデビットカードを使い、ウェブの提示で、簡単に入金することができ、しかも無料で済むという。こういう入金方法は、間違いなくもう一つの安全・便利な方法になり、家を出ないで入金が実現すると言えよう。ネット入金は、次第にクレジットカードの持ち主の新たな入金方法になるだろう。

(実習編集:王 燕華)

ヘユ゚イハニア