<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 経済IT  > 西北地区最大の外資導入事業、計画通りテスト生産へ 韓国サムスンのフラッシュメモリー事業
西北地区最大の外資導入事業、計画通りテスト生産へ 韓国サムスンのフラッシュメモリー事業
2013年 8月 4日10:15 / 提供:新華網日本語

 中国西北地区最大の外資導入事業である韓国サムスンの12インチ?フラッシュメモリーチップ事業が計画通り年末までにテスト生産を始める。

 陝西省発展改革委員会の張文波副主任がこのほど明らかにしたもので、サムスンのこの事業の進出に合わせて160あまりの関連企業が相次いで西安に進出し、1万人あまりの雇用を直接的あるいは間接的に創出する。

関連記事
ヘユ゚イハニア