<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 経済IT  >  上海は、コンビニ業界の競争が激しい
上海は、コンビニ業界の競争が激しい
2014年 4月 3日15:54 / 提供:
LAWSON

 2013年に、上海に4800カ所以上のコンビニがあり、平均2975人に1カ所のコンビニがあり、市場は飽和状態だと指摘された。中国チェーン経営協会によると、昨年、上海のコンビニの成長率は5%減で、26都市でビリになった。これに対して、アナリストはマイナス成長の原因は、産業構成のため、同時に上海市場の激しさも見せていると分析した。

 「中国都市コンビニ指数」統計によると、26都市の中では、深セン、東莞、太原がトップ3位で、上海は6位だった。

 上海チェーン経営協会の関係者によると、「昨年、上海のコンビニの規模は全体的に少し下降した。その原因は産業の構成調整だった」という。昨年、上海のコンビニの総数は4800カ所以上で、一部のブランドが調整している。例えば、都心区から郊区、団地に移転した。その中で、いろいろな問題があり、一部の加盟店は経営が良くないため、淘汰された。

 一方、上海のコンビニの飽和度が高い。統計によると、上海では平均2975人に1カ所のコンビ二があり、日本と同程度である。

(編集:兪静斐)

関連記事
ヘユ゚イハニア