<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 上海  > 連休の出勤手当 残業超過は違法
連休の出勤手当 残業超過は違法
2015年 9月 28日7:36 / 提供:上海ジャピオン

  上海市を含む中国全土で、近頃、今年の中秋節·国慶節休暇期間に休出勤した場合の手当が、最大で22日分の日給に相当するとして話題を集めている。

  今年の両休暇は間隔が短く、9月26日(土)~10月7日(水)のうち9日間が休日。休日の出勤手当について現労働法では、法定休暇日に当たる4日間は、 従業員当人の日給或いは時給の3倍、それ以外の5日間は2倍の支給を定めている。つまり9日間すべて出勤した場合、22日分が支給されるという計算だ。 しかし同法は1カ月に36時間を超える残業を禁じ、また最低週1日の休暇を義務づけている。

王者彩票