<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 社会  > これらの上海人が好きな料理は、外国人が食べられるか?
これらの上海人が好きな料理は、外国人が食べられるか?
2015年 9月 8日17:11 / 提供:東方ネット
酒漬けのエビ

  上海に数多くの人気料理があり、上海人は好きでたまらないが、残念ながら、外国人にとって、食べる勇気がないうえに、彼らを驚かせた。

酒漬けのエビ

  上海および寧波一帯で人気の料理で、活きたエビを酒に漬ける。数日後、生で食べるとおいしい。外国人が酔っ払ったエビを生で食べることを想像したら、気持ち悪くなる。

人気料理屋のお勧め:

孔乙己酒家

住所:上海市黄浦区学宮街36号(文廟に近い)

TEL:021-63767979 021-63776779

一人当たりの消費額:90元


ピータンと豚肉の粥

ピータン

 皮蛋(ピータン)は、上海人にとって、喉から手が出るほどほしいものだ。米国CNNネットに世界で最も「キモイ」食べ物に選ばれた。彼らの目で見れば、この泥に数ヶ月置かれて熟成されるアヒルの卵は、すべてが黒っぽくて、匂いがして、悪魔が生まれたタマゴの感じだ。

人気料理屋のお勧め:

三宝粥舗

三宝粥舗の粥は好評だが、ピータンと豚肉の粥が最も推奨されている。

住所:上海市黄浦区金陵東路569号匯都国際2階

TEL:021-53022993

一人当たりの消費額:44元

 

臭豆腐

臭豆腐(しゅうどうふ、チョウドウフ)

  臭豆腐というと、嗅ぐとくさいが、食べるとおいしい。食べるほど、食べたくなる。町のあちこちでよく見える。だが、外国人は見るたびに、逃げてしまう。

人気料理屋のお勧め:

展開鮮臭豆腐

店頭で最も人気なのは長沙臭豆腐で、揚げた豆腐に湯に掛けられ、汁が出て、皮が脆い。

住所:上海市静安区泰興路217号(奉賢路に近い)

TEL:021-31123166

一人当たりの消費額:8元

 

大腸麺

大腸

長い豚の大腸は、豚が生きていた時、どういう働きだったかを想像したら、怖いだろうか?それで、外国人が食べる勇気がないのだろうか?

人気料理屋のお勧め:

大腸麺

大腸がよく処理されて、臭さが少しもない。現場でいためたのでおいしい。

住所:上海市黄浦区復興中路59号(吉安路東台路の間)

TEL:021-63744249

一人当たりの消費額:23元

トップ  前へ  1/2  次へ  最後

関連記事
王者彩票