<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 社会  > 中·米大学生調査、米大生は未来の両国関係を楽観視
中·米大学生調査、米大生は未来の両国関係を楽観視
2015年 9月 24日10:19 / 提供:中国国際放送局
 中国国際放送局英語放送はこのほど、中国とアメリカの大学生を対象にインターネット上でアンケート調査を行いました。調査内容は、国のイメージ、文化の影響、社会の発展、両国関係など多くの話題が含まれています。

 調査にはアメリカ人の大学生約100人、中国人の大学生約400人が参加しました。両国の大学生は相手の国に対する印象は積極的で、相手国に注目している一方で、認識する手段や、認識の程度、好感度、共感の程度、未来に対する予測などの面で、差がありました。

 アメリカ人大学生は中国に対する認識が限られているものの、それを深めたいとの傾向があり、中国で勉強や生活、旅行することに非常に魅力を感じ、中国に対する考え方も多様化しています。中国人大学生はアメリカに対する認識が全面的で、アメリカの文化を感じる製品やブランドに詳しく、その影響も受けているということです。

 好きな有名人の違いにも差が表れています。中国人大学生が好きなアメリカの有名人は、オバマ大統領、リンカーン元大統領、ワシントン初代大統領、アップルの創始者ジョブズ氏、マイクロソフト社の共同創始者ビル· ゲイツ氏などで、政治、科学技術、文化スポーツなど、多くの分野に及んでいます。一方、アメリカ人大学生が好きな中国の有名人は俳優のジャッキー·チェン氏が圧倒的多数で1位です。習近平国家主席は政治家で唯一、名前が挙げられたほか、姚明選手や俳優のジェット·リー氏、ブルース·リー氏、女優の範氷氷さんなどとなっています。

 未来の両国関係について、アメリカ人大学生は楽観的で、「完全なパートナーになる」と考える人は32%、「パートナーであり、競争相手である」と考える人は46%を占めています。これに対し、中国人大学生は「パートナーであり、競争相手である」が79%で高く、「完全なパートナーになる」は10%でした。

関連記事
王者彩票