<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 中国  > 中国は軍隊幹部の選抜と任用業務における監督管理を強化
中国は軍隊幹部の選抜と任用業務における監督管理を強化
2015年 2月 27日15:35 / 提供:新華網日本語

 【新華社北京2月27日】習近平主席の承認を得て、中央軍事委員会はこのほど、『新情勢下の人材選抜人材雇用業務の監督強化に関する意見』、『軍隊指導幹部秘書管理規定』を発表した。総政治部はまた、『軍隊幹部の任命回避制度の厳正な実施における若干の問題に関する規定(試行)』、『軍隊補充幹部業務規定(試行)』、『作戦部隊指揮軍官任命資格規定(試行)』を発表し、全軍及び武装警察部隊に向けて制度を徹底して実施するために真摯に取り組み、原則、政策、規則、プロセスに厳正に準拠して幹部を選抜し、共産党の新しい情勢の下で強軍目標を実現するために、強固な組織的保証を提供するように求めた。

  習主席は人材選抜と人材活用において「二つの堅持」、「三つの重視」、「四つの反対」を際立たせて強調し、特に全軍政治工作会議で、軍隊優良幹部の五条の基準を鮮明に提示し、現在の人材選抜と人材活用における深刻な問題を厳粛に指摘した。また、幹部を厳格に管理し、人材活用の気風を粛正し、人材選抜と人材活用の不正な風潮を断固として是正することを重点的に強調した。幹部選抜任用五項目の制度を制定して公布する基本目的は、習主席の重要指示及び軍事委員会の策定と構想を徹底して実行するためであり、古田会議で基盤を固めた共産党の軍隊への指揮、党の幹部への管理、党組織による人材選抜の優良な伝統をより一層発揚させ、共産党に対する厳格な管理、軍に対する厳格な管理、幹部に対する厳格な管理といった政治的要求を徹底し、改革と気風整頓の精神で幹部の選抜と任用における重大な現実的問題の解決策を研究し、軍隊を強める重責を担うことが可能な高資質の幹部チームの建設に努める。五項目の制度を制定する過程で意見を幅広く聴取し、研究と論証を深層から展開し、軍隊を強める目標と要求及び軍隊優良幹部の基準を制度化させ、幹部の選抜と任用業務において真に作用を発揮し、定着させることを目指す。

  幹部の選抜任用業務監督管理の五項目の制度と規定を強化し、中央の関係文書の精神を十分に徹底化し、近年の実践と模索した新鮮な経験を重視して汲み取った。部隊に反映された際立った矛盾と問題の解決に着眼し、人材選抜と人材任用業務の監督体系を重点的に構築し、構想と措置を提示する。指導幹部秘書の選抜配備と教育管理監督などを明確に規範化し、指導幹部の親族と身近な作業員に対する厳正な任命回避を具体的に規定し、補充幹部の選抜条件、数量構造、選抜と育成及び動態管理などを調整して改善し、作戦部隊の指揮軍官の在職年限、職歴、専門的な資格、任命研修などを明確に規定している。強軍興軍に求められる正確な人材選抜と人材雇用に適応するために制度と保証を提供する。


関連記事
王者彩票