<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 中国  > 習近平主席、インドネシアのジョコ大統領と会談
習近平主席、インドネシアのジョコ大統領と会談
2015年 4月 23日10:17 / 提供:中国国際放送局日本語放送

 中国の習近平国家主席は22日、ジャカルタでインドネシアのジョコ大統領と会談をした。習主席は席上、「アジア·アフリカ会議(バンドン会議)の60周年を記念することに、重要な時代的意義がある。今回の会議の成功とバンドン精神の継承と発揚に向け、ジョコ大統領と共に努力し、多くの発展途上国間の団結、友情、協力を強めていきたい」と話した。

 習主席はさらに「今年は中国とインドネシアの国交樹立65周年にあたる。先月、ジョコ大統領が中国に公式訪問を行い成功をおさめた。これからは、合意内容を1つでも多く、一刻でも早く実際の成果に変えていくよう共に努力していく必要がある。各レベルにおける緊密なコミュニケーションという良い流れを保ちながら、総合的な手段で貿易の均衡化を推し進め、2国間の通貨スワップ協定を実行し、宇宙、海上、科学技術などの分野における実務的な協力と人的交流を速めていく。中国はより多くの実力ある中国企業にインドネシアでのインフラ整備と運営への参加と、より多くの中国人のインドネシア観光を奨励していく。両国は国連、アジア太平洋経済協力会議(APEC)、主要20か国·地域(G20)などの多国間機構における協力を強め、気候変動、エネルギー、食糧の安全確保などグローバルな議題における協調を強めていく。中国は引き続き東南アジア諸国連合(ASEAN)共同体の構築や、域内協力におけるASEANの主導的役割発揮を後押ししていく」と話した。

 ジョコ大統領は習近平主席がアジア·アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議と記念行事の出席のためにインドネシアを訪問したことに歓迎の意を表した。その上で「インドネシアは中国と各分野における協力を拡大し、中国による『21世紀海上シルクロード』構築の構想とインドネシアの新しい発展戦略が双方の協力にもたらすきっかけをめぐり、踏み込んだ研究を行いたい。また、中国によるインドネシアへのインフラ投資の拡大を歓迎する」と表明した。

 会談後、習主席とジョコ大統領は両国の高速鉄道プロジェクトの協力文書の調印式に立ち会いました。双方はまた、『中華人民共和国とインドネシア共和国の共同報道発表』を出した。

関連記事
王者彩票