<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 中国  > 全人代常務委員会、9月30日を烈士記念日に確立
全人代常務委員会、9月30日を烈士記念日に確立
2014年 9月 2日9:12 / 提供:新華社

  【新華社北京9月1日】十二期全人代常務委員会第十回会議は31日、表決を経て、烈士記念日の確立に関する決定を採択し、法的形式で9月30日を烈士記念日に確立し、また、毎年の9月30日に国家主催による烈士記念行事を行うことを決めている。

  決定は次のように指摘した。近代以来、民族の独立と人民の自由·幸福を勝ち取るように、国家の繁栄と富強のために、無数の英雄は生命を捧げたので、烈士の勲功が歴史書に照り輝き、烈士の精神が永遠に朽ちることはない。烈士の精神を発揚し、烈士の功績を追想し、公民の愛国主義や集団主義の精神、社会主義のモラル風習を育成し、社会主義の核心価値観を育成·実践し、中華民族の凝集力を増強し、中華民族の偉大なる復興の中国の夢を実現する強大な精神のパワーを呼び起こすために、十二期全人代常務委員会第十回会議は烈士記念日を確立する決定を作り出した。

  烈士記念日の確立に関する決定草案は8月25日、今回の常務委員会会議の審議のために提案した。民政部の李立国部長は決定草案について常務委員会に説明を行った際、近年来、全人代代表、全国政協委員、社会各界の人士は烈士記念日の確立を建議する呼び声がますます高くなっていると紹介した。

王者彩票