<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 中国  > 全人代常務委員会、保険法など5つの法律を改正
全人代常務委員会、保険法など5つの法律を改正
2014年 9月 2日9:16 / 提供:新華網日本語

  【新華社北京9月1日】北京第12期全人代常務委員会第10回会議は31日全人代常務委員会の保険法などの法律5つの改正に関する決定を表決·可決した。習近平国家主席は第14号主席令に署名し公表した。新華社は権利を受けてこの決定を発表する。 

 国務院の委託を受け、国務院法制弁公室の宋大涵主任は25日、全国人民代表大会常務委員会に保険法などの五つの法律の修正案·草案について以下のように説明した。第12期全国人民代表大会第1回会議が可決した国務院機構改革および職能転換計画についての決定を実行し、行政審査制度改革や政府の職能転換を法により推進し、地方の基層に近い優勢を上手く発揮し、政府の管理が事前審査から事中·事後の監督·管理へより多く転じるよう促進·保障し、市場の活力や発展の動力、社会の創造力を更に奮い立たせるため、国務院法制弁公室は国務院の関係部門と、保険法、証券法、公認会計士法、政府買付法、気象法などの法律5つに関する修正案(草案)を研究·起草したと述べた。

 全国人民代表大会常務委員会は草案に対して真剣な審議を行い、また8月31日に関連法律の改正に関する決定を表決·可決した。この決定に基づいて、『中華人民共和国保険法』『中華人民共和国証券法』『中華人民共和国登録会計士法』『中華人民共和国政府買付法』 『中華人民共和国気象法』が本決定に基づいて相応の改正が行われ、新たに公表される見通しだ。

王者彩票