<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 中国  > 国慶節パレード参加者に新型インフル用ワクチンを優先(写真集)
国慶節パレード参加者に新型インフル用ワクチンを優先(写真集)
2009年 9月 9日16:56 / 提供:
パレードに参加する女性兵士ら

 中国の陳竺衛生相は8日の記者会見で、新型インフルエンザ用ワクチンの予防接種について、新中国成立60年となる10月1日に行われるパレードに参加する市民や兵士らを優先する考えを明らかにした。

 陳衛生相はによると、中国の新型インフルエンザワクチン接種方案は原則的に、感染しやすいグループ、および体の弱いグループを優先するという。

 第一に中高生で、最近発生している集団感染例は主に5-19歳に集中しており、学生達は容易に感染しやすく、また伝染源ともなっている。

 第二に基礎疾患(持病)のあるグループで、とりわけ慢性呼吸器系疾患、心臓・脳内血管疾患をもつグループ。

 第三に第一線で働く公共サービススタッフで、たとえば医療従事者、税関検疫スタッフ、鉄道・民間航空スタッフ、および武装警察、公安職員など。接種対象には重点グループ以外に、中国国内の地域ごとの流行状況が異なることから、重点地域が優先される。重点地域の確定は症例数、集団性発病事件の頻度、インフルエンザ観測網における新型インフルエンザウイルス検出率が主な根拠となる。重点地域ではワクチン接種を行い、他の地域への症例まん延を予防する。  

 陳衛生相は、13億人もの人口を有する大国・中国にとって、国内の現在のワクチン生産能力にはいまだ限りがあるため、この先しばらくの間も引き続き有効な各種予防措置を堅持し、とりわけ人々の自己防衛能力を高める必要性があると強調している。

(編集:章坤良 写真:新華社)

xin_35209060415481402971021.jpg

xin_35209060415482813059922.jpg

xin_35209060415484373131823.jpg

関連記事
ヘユ゚イハニア