<sup id="akkqo"></sup>
<sup id="akkqo"></sup>
Home > ニュース > 中国  > 中国人民解放軍総政治部、通知を出し軍に中国共産党第十八期中央委員会第三回全体会議の精神の学習・育成訓練の強化を要請
中国人民解放軍総政治部、通知を出し軍に中国共産党第十八期中央委員会第三回全体会議の精神の学習・育成訓練の強化を要請
2013年 12月 4日15:10 / 提供:新華網日本語

 【新華社北京12月4日】軍事委員会の指導者の許可を経て、中国人民解放軍総政治部は近日通知を出し、全軍と武装警察部隊に中国共産党第十八期中央委員会第三回全体会議(三中全会と略称する)の精神の学習 育成訓練を強化し、三中全会の精神に対して学習 宣伝 貫徹するブームを推進させ盛り上げるよう要請する。

 通知はこのように要請している。部隊の実際と緊密に結合させ、三中全会の精神の貫徹 実行をしっかりと把握させ、将兵を導いて思想と行動を党中央と中央軍事委員会および習主席の意思決定 指示へと切実に統一させ、党中央、中央軍事委員会と習主席の権威を断固として守り、党中央、中央軍事委員会と習主席の指揮を断固として聞き入れさせる。新しい情勢の下で改革の全面的深化の重大な意義を十分にはっきりと見分け、積極的に改革を擁護し、しっかりと改革を支持し、自覚的に改革に身を投じる自主性を強化する。強軍の目標をめぐって、国防と軍改革の深化に関する意思決定的方策 配置を深く理解し且つ徹底的に実行し、三中全会の精神を学習 貫徹して奮い立たせる政治への情熱を 愛軍(軍隊を熱愛) 、 精武(業務に精通) 、戦争を準備する強大な動力に転化し、職場を愛し、業務を敬うことと使命を履行するという実際行動によって、改革の全面的深化のために新しくより大きな貢献を作り出す。

ヘユ゚イハニア